暮らしのお困りごと、ご相談下さい|大塚法務行政書士事務所【東京都葛飾区/JR金町駅】

大塚法務行政書士事務所

離婚の慰謝料はいくら貰えるか

上司と部下達

慰謝料には「相場」というものがありません。

あなたが「私の苦痛を慰謝するためには○○万円が妥当だ」と思う金額を請求することになります。
(ただし、相手が支払うか、また、支払い能力があるかどうかはまた別の話しになります)。

しかし、相場はないとは言っても、一般的には100万円~300万円の間で解決することが多いようです。

慰謝料を決める際には、下記について考慮して下さい。
① 有責性の程度
② 裏切りの程度
③ 精神的苦痛の程度
④ 婚姻期間
⑤ 社会的地位
⑥ 支払能力
⑦ 離婚後の生活 など

不倫相手への慰謝料請求 ~慰謝料請求の根拠~

次に、離婚原因が「配偶者の浮気」である場合、浮気相手への慰謝料請求について述べたいと思います。

【慰謝料請求の根拠】
婚姻関係にある夫婦には、お互いに対し貞操を守る義務があります(民法770条1項1号)。
そのため、婚姻をしている相手と不貞行為を行った場合には、他方の権利を侵害しているため、侵害された当事者は慰謝料を請求することができます(民法709条、710条)。

不倫相手への慰謝料請求 ~慰謝料請求の方法は?~

まずは証拠を集めて下さい。証拠集めはなかなか難しいものですが、手紙、写真、メール等、不貞行為の証拠となるようなものを可能な限り集めて下さい。

結果、間違いなく不貞行為が行われていることがわかりましたら、内容証明等で慰謝料請求をすることになります。

慰謝料受領が出来た場合は、和解契約書等を作成し、また配偶者と婚姻関係を継続する場合は、不倫関係を解消する旨の記載もするようにしましょう。

不倫相手への慰謝料請求 ~内容証明を作る際の注意点~

具体的な事実、慰謝料請求の根拠、請求する金額等を簡潔に書くようにして下さい。

間違っても「慰謝料を払わなければ会社にばらす」等、相手を脅迫するようなことは書かないように気をつけましょう。また、事実と違うことや推測で書かないことも大切です。

不倫相手への慰謝料請求 ~慰謝料が請求出来ないのはどんな時?~

配偶者が不貞行為をしていたからといって、必ず不倫相手に慰謝料請求が出来るというものではありません。

次のような場合には請求出来ませんのでご注意下さい。

○既に夫婦関係が破綻していた場合
○相手が結婚していることを知らなかった場合  など

不倫相手への慰謝料請求 ~慰謝料請求の時効~

不貞行為の相手を知った時から3年、または不貞行為の時から20年経過すると時効により慰謝料請求権が消滅します。