暮らしのお困りごと、ご相談下さい|大塚法務行政書士事務所【東京都葛飾区/JR金町駅】

大塚法務行政書士事務所

離婚と子供

寝る子供と母の手

日本の法律(民法819条1項)では「父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければならない」と定められているため、親権者を決定しない限り離婚届は受理されません。
もし協議において親権者が決まらない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てを行い、そこで協議を行い親権者を定めることができます。

親権と監護権の違い
親権 子供の財産を管理し、また、その財産に関する法律行為についてその子を代理します。
監護権 子供と一緒に住み、身の回りの世話をします。

面接交渉

面接交渉とは、離婚後、子供と一緒に暮らさない方の親が子供と会うことです。離婚してしまえば親同士は他人となりますが、子供にとって親であることは変わりありません

面接交渉についても、例えば「月に1回程度」「年に5回」などのように、離婚協議書等の書面に残すことをお薦めいたします。

なお、面接交渉権はあくまでも子供の福祉のためなので、子供が嫌がる場合や危害が及ぶことが想定される場合は、拒否することができます。